• 資料請求
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 0947-42-4711
全日制単位制技能連携制(広域通信制)学校についてよくある質問証明書交付について
 
トップページ > 学校について > 校長挨拶
 

校長挨拶

 

豊かな心を磨こう


本校は昭和36(1961)年創立以来、建学の精神である「智により福をなす」教育の実践つまり、空理、空論ではない実学の教育に取り組んでまいりました。この間、全日制課程及び通信制課程の卒業生は3万人を超え、その卒業生は各界で活躍をされています。


本校の全日制は普通科3コース(特進コース・普通コース・スポーツ振興コース)と総合福祉科の2学科ですが、普通科普通コースでは2学年から4つの学系(進学系・情報ビジネス系・情報デザイン系・情報技術系)またスポーツ振興コースでは2つの学系(進学系・スポーツ系)に分かれて、自己の適性や個性を活かせる教育課程を選択できます。

総合福祉科では2学年より2つのコース(介護福祉コース・ヒューマンライフコース)から選択できます。


高等学校は自己を磨き、社会に貢献できる人物の育成をするところです。自己を磨くとは実践的な技術や技能を学ぶとともに、心を磨くことも大切です。心はどこにありますか…心は大脳皮質にあります。たくさんの神経細胞で構成されているこの心の基を私たちはどのくらい使っているでしょうか。人間には本能的に向上していこうとする心があり、反面、怠けたい心もあります。普通は自分の怠け心を抑えて、がんばろうとします。しかし、ストレスがたまります。そこで、機転を利かせて楽に、正確に、又は人の為にと向上心をもってプラス思考で気持ちを入れ替えて考えていきます。すると、今度はますますやる気がでてきます。元気、やる気はプラス思考、やる気がない、気力がないと気が病み、病気になります。これはマイナス思考です。「気」を向上させると「豊かな心」が芽生えます。「豊かな心」とは、向上心をもって、何をやるかで決まります。確かな学力や健やかな体の向上。美しいものや自然に感動する心、正義感や公正さを重んじる心、他人を思いやる心、そして、社会に貢献しようとする心。これが「豊かな心」です。是非、中学校で磨いた「豊かな心」をさらに福智高等学校で磨いてみませんか。


学校法人 福智学園 福智高等学校
校長 橋田敏弘


PAGE TOP